Archives for : 3月2016

避妊ピルは腹痛や太るなどの副作用がある?

望まない妊娠をしないために、男性任せにせず女性が積極的に避妊できることのできる避妊ピルは、もちろん避妊効果が高いことも然ることながら、それ以外の女性特有の様々な体の不調に対しても有効な薬の一つです。

避妊ピルは女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが多く含まれている薬であり、女性の体を妊娠した状態にすることで避妊効果が発揮されます。

妊娠初期に起こる症状も出てくることがあるため、人によっては腹痛や吐き気など、様々な症状が起こるとされていますが、どれも重篤な状態にはならず、体が避妊ピルに慣れてくるとやがて腹痛や吐き気も落ち着いてきます。

ただ、いくら時間が経過しても腹痛や吐き気が収まらない場合は、その避妊ピルが自身の体質に合ってない可能性もあるので服用を直ちにやめて婦人科で相談するようにしましょう。

そして、避妊ピルによって妊娠したような体になっているため、体の方も妊娠に適した準備をしようと勘違いして、体内に水分や栄養を溜め込みやすくなるため、そのために太る傾向も出てきます。

避妊ピルには食欲増進の作用は含まれていませんが、妊娠したような状態になったことでなんとなく食欲が増進して食べ過ぎてしまう太る人もいるようですが、しっかりと食事コントロールや適度な運動をしていけば体重も落ち着いてくるでしょう。

太る人もいれば、返って食欲がなくなって痩せてきてしまう人もいるようで、避妊ピルによって起こる症状も本当に様々です。

避妊以外にも、月経困難症や子宮内膜症、PMSなどにも効果的であるため、避妊だけでなくこれらの症状を緩和させるために服用を続けている人もいるようです。

重篤な副作用はありせんが、薬とも相性があり、体に合わないときもあるので、そういった場合は別の避妊ピルを服用するようにしましょう。